Q&A

チョークアートとは?

オーストラリア発祥のカラフルなチョークアートは、木製のブラックボードにオイルパステルを使って指で描くアートです。 よく「学校で使うあのチョーク?!」と驚かれますが、油性のパステルで描き、コーティングを施しますので触っても消えることはありません。白墨で描くモノクロのチョークアートは消して描き直しが可能です。

 

チョークアートの魅力は?

チョークアートの魅力と言えば、やはり鮮やかで美しい色合いハンドメイドならではの温かみのある雰囲気でしょう。
鮮やかで美しいグラデーションは、ぱっと人の目と心を惹きつけます。 文字より絵がメインのチョークアートは遠目からもアイキャッチ効果が高く、あなたのお店のイメージやこだわり、おすすめ、伝えたい想いを一瞬で印象づけることができますので、カフェやレストラン、美容室など、様々な所で看板やメニューボードとして活躍しています。

 

MEMO
同じモチーフを同じ画材を使って描いても、色の重ね方、指先での色の混ぜ方によって全く表情が違ってきます。面白いほど描き手の個性が現れるのもチョークアートの魅力であり、一枚一枚がオリジナルである所以です。

 

チョークアートとオファリングボードの違いは?

オイルパステルで描くチョークアートは消えないため、お店のコンセプトや定番メニューなど長期的に伝えたいイメージを伝えるボードやアイキャッチ効果を狙う看板、インテリアボード、ウェディングのウェルカムボード等に適しています。オファリングボードは水性のマーカーや水性のパステルで描くため、水ぶきで消して描き替えることが可能です。”今”のおすすめをタイムリーに訴求する、短期販売戦略としての販促ツールです。