Q&A

チョークアートとは?

オーストラリア発祥のカラフルなチョークアートは、木製のブラックボードにオイルパステルを使って指で描くアートです。 よく「学校で使うあのチョーク?!」と驚かれますが、油性のパステルで描き、コーティングを施しますので触っても消えることはありません。白墨で描くモノクロのチョークアートは消して描き直しが可能です。

 

チョークアートの魅力は?

チョークアートの魅力と言えば、やはり鮮やかで美しい色合いハンドメイドならではの温かみのある雰囲気でしょう。
鮮やかで美しいグラデーションは、ぱっと人の目と心を惹きつけます。 文字より絵がメインのチョークアートは遠目からもアイキャッチ効果が高く、あなたのお店のイメージやこだわり、おすすめ、伝えたい想いを一瞬で印象づけることができますので、カフェやレストラン、美容室など、様々な所で看板やメニューボードとして活躍しています。

 

MEMO
同じモチーフを同じ画材を使って描いても、色の重ね方、指先での色の混ぜ方によって全く表情が違ってきます。面白いほど描き手の個性が現れるのもチョークアートの魅力であり、一枚一枚がオリジナルである所以です。

 

チョークアートとオファリングボードの違いは?

オイルパステルで描くチョークアートは消えないため、お店のコンセプトや定番メニューなど長期的に伝えたいイメージを伝えるボードやアイキャッチ効果を狙う看板、インテリアボード、ウェディングのウェルカムボード等に適しています。オファリングボードは水性のマーカーや水性のパステルで描くため、水ぶきで消して描き替えることが可能です。”今”のおすすめをタイムリーに訴求する、短期販売戦略としての販促ツールです。

 

チョークアートレッスンについて

 

Basic レッスンは初心者だけですか?

いいえ、経験者の方のブラッシュアップとしてもご受講いただけます。チョークアートが全く初めて、という初心者の方は①から順に受けて頂くとスムーズに様々な技術を身につけることができます。経験者の方は予約時に描きたいデザインをお選びください。

 

どのくらい通えばリアルに上手に描けますか?

上達のペースや「よし!」と満足する程度も人それぞれなので分かりませんが、これだけは確実!時間があくと描く感覚を忘れてしまいがち。レッスンでしか描かない方より、家でも描いている方のほうが上達は早いです。小さいボードでも、簡単なモチーフでも、レッスンの復習でも、なんでもOK。パステルに慣れ、描くことに慣れることが大切です。
描いていれば必ず上達します。過程を楽しんでいきましょう♪

 

やってみたいけど、絵が苦手なので不安です・・・

大丈夫!私も同じ不安を持ったまま飛び込みました。
チョークアートは絵の上手い人だけのものじゃありません。むしろ絵の初心者の人が多い分野だと思います。
描きたい気持ちがあれば十分!ぜひ思い切ってチャレンジしてくださいね!

 

ブラックボードの作り方は学べますか?

はい、学べます。
自分でブラックボードを作れると購入するよりコスパも良いですし、好きな形やサイズで自由に描けるようになります。ぜひブラックボードも手作りして家でも制作を楽しんでください。

 

画材をそろえたくなったらどうしたら良いですか?

画材をそろえたくなるくらいチョークアートの楽しさを感じて頂けたら嬉しいです!
こちらで画材セットをご用意することもできます。もしパステルだけは持っているなど、お持ちの画材があれば、その他必要な画材だけご用意することもできますし、ご自分でご用意して頂いても構いません。各画材の説明や使い方等もレッスンでご説明いたします。